岐阜県岐阜市金町 岐阜高島屋北隣 歯科医院 ヤナガセ歯科クリニック | 審美歯科 | レーザーホワイトニング | 一般歯科 | 予防歯科 | 歯周病 | 虫歯治療 |

ヤナガセ歯科クリニック
医院紹介 歯周病
虫歯
予防歯科
メインテナンス
審美歯科 レーザーホワイトニング
パタカラ
クリーニング 治療の流れ

 HOME > Dr.マチコの今日この頃

お問い合わせはお気軽に
TEL:058-262-8511
日曜・祝日・木曜は休診日

Dr.マチコの今日この頃

私達の勉強している歯周病ーNo.3




私達の勉強している歯周病ーNo.2




私達の勉強している歯周病ーNo.1




2016-11-06 ふれあい会館にて

スタッフ全員で 歯周病と全身疾患との関わりについて
愛媛県松山市でご開業の内科医 ((西田亘先生))の講演を聴いてきました。
大変示唆に富む、興味深い内容で、全員感激してきました。

いかに歯周病が全身疾患と関わっているか!
いかに歯周病を治療して解決していくことが大切か!
いかにそのまだあまり知られざる事実を多くの人々と共有して健康を守るか!
そのために我々歯科医師、歯科衛生士、歯科スタッフがどのように関わっていくか!

考えなければならない事の多さに身の引き締まる思いで聞いていました。

明日からの私たちの取り組みが、多くの人々への助けに少しでもなれば良いなと気を引き締めたところです。
以下は 講演を聞いたスタッフの感想です。




歯周病と全身疾患の繋がり

2016年11月6日(日)
《口腔感染症で繋がる医科と歯科》

このセミナーを受講して
私は自分の仕事に自信を持ち責任を感じました。
<上手><下手>に関わらず
ブラッシングをされない方はまず、いないと思います。
でも、少しでもばい菌を除去した方が良いのです。

「当たり前のこと...
そんな事分かってる」

とおっしゃるでしょう。
ですが、ブラッシングでお口の中を綺麗にする事で命をも守ってくれていると今日学んだのです。

命ですよ!命!!

大袈裟ではないのです。
歯周病が改善すると
@血糖値が下がる
A正常な味覚が戻る
B野菜やご飯が美味しくなる
C体を動かしたくなる
D糖尿病が良くなる
↓ ↓ ↓ ↓ ↓
健康な味覚とそしゃくは
健康なお口に宿るのです。

先生は 「口は命の入り口・病の通り道・明日の入り口」 ともおっしゃっていました。

私事ですがもうすぐ
孫を授かります。
早産の原因にもお口の汚れが原因だそうです。
口腔ケアは良き出産と良き人生をもたらすのです。

このセミナー後
私はすぐに娘に
「歯磨きして〜〜」
とLINEしました(笑)

私たち衛生士は
【未来を救える仕事】
とても素敵です(^^)

その為には確実な技術が必要だと痛感しました!

by衛生士せいこ

医科歯科連携で治す口腔感染症

口腔感染と糖尿病の関係は、聞いたことがある程度でした。
実際に西田先生の話を聞いて、歯周炎と関連していることがわかりました。
又インプラントの歯周炎でも糖尿病に悪影響ということを初めて知りました。
私は糖尿病ではありませんが、母親が糖尿病だったので歯周病と関係があったのかなぁとふと思いました。

震災後肺炎という、震災後にうまく口腔管理のされていない状況の中で起きてくる肺炎(主に高齢者)の介護施設での死亡率の差ですが、歯科医院での口腔ケアがある施設では肺炎死亡率どころか、肺炎になる人もゼロという結果には驚きです。
初めて知りました! 大切な事だと思います。
内科でなく歯科医院の活躍でという事も知りませんでした。
どれだけ口腔内のケアを怠ってはいけないかということがわかりました。
非常用袋に歯ブラシは必須ですネ。

実際に西田先生が糖尿病予備軍だったが、歯科医へ通われてメタボ脱出された変化には驚きました。
一目瞭然の写真が出てきましたヨ(^^)
口腔ケアの重要性は、心筋梗塞や脳梗塞、更に低体重児出産の予防、そして糖尿病等を引き起こして起きる命への影響の予防や、口腔子宮感染という、歯とは全く別のところまでの感染を食い止めるということを初めて知りました。
口腔ケアは出産にまで関連しているという事にビックリしました。

まずは家族へ伝えて生きたいと思いましたし、患者さんにも話せる機会があったら伝えていきたいと思いました。

医療には全く素人の私でしたが、こうやって皆で勉強出来た事を嬉しく思いますし、感謝しています。

是非多くの人達に知ってほしいと思いました。

by見田村

スタッフと講演会に

スタッフ全員参加の講演で、私は どんどんワクワクしていきました。

実は、 歯科衛生士なんて…と少し思ってました。

でも そうでもなさそうです。
いろいろな病気が口腔感染症に関係していることを、実例を通してリアルに見て、口腔ケアが重要だということを再認識したからです。

口腔感染症から…
糖尿病の悪化や肺炎(聞いたことある)
正常な味覚を感じられないための偏食。
そして、衝撃だったのは、胎児の死亡例があったこと…。

講師の先生は
「お口を清めれば 体は健やかに」と 仰いました。
(内科の先生です)

それでは へぇ〜シリーズ
  1. へぇ〜@
    事実、海外の避難袋には歯ブラシが入っている。健康を維持するための必須用品という認識です。
    (私も今日慌てて入れました)
  2. へぇ〜A
    歯肉は赤い(当たり前)
    それでは
    なぜ赤いの→中に血管が通っているからです。その血管は身体中に繋がっているので、口の中で育った有害なバイ菌も、血管を使って移動可能です(恐い)

今回の講演で歯科衛生士としての気持ちが刺激されました。口腔感染症予防のために、口腔ケアをがんばる気持ちが パワーアップです!

by衛生士草野

講演会受講報告書

  1. セミナー名:口腔感染症でつながる医科と歯科 〜糖尿病から震災後肺炎まで〜
    にしだわたる糖尿病内科院長 西田 亙先生
  2. 日時:2016年11月6日
  3. 場所:ふれあい福寿会館 3階中会議室
  4. 内容と感想
    1. 1) 「歯科医は体を見ず、医者も同様口腔内を診ていなかった。だが口腔と全身は結ばれている。」
      一般的に口腔と体が関係しているという認識がないと思います。別物であると国民全体が思っているようにも思えます。どのようにすれば変われるのか、まだまだ道のりは長く感じます。
    2. 2)「震災後肺炎で死亡。介護施設で歯科医・衛生士が口腔ケアしている場合には肺炎もなく死亡もない。」
      口腔内清掃をしてもらうだけで肺炎にもかからず、死亡しないなんて誰が想像するのでしょう。NHK BS-1TOMORROWで気仙沼の震災後肺炎について放送されていたようですが、国民のために一般のNHKでも是非放送してほしいと思います。
    3. 3)「災害避難用持出袋について。歯ブラシを入れましょう!と準備品リストの中にない。海外では非常持出袋の中に歯ブラシが入って販売されている」
      インターネット上で販売されている持出袋の中に歯ブラシが入っているものは確かにありませんでした。マスクや爪切り綿棒、ガムテープやサランラップまで入っているのに歯ブラシ1本が入っていません。私はうちに帰ってから、家族分すぐに入れておきました。
    4. 4)「糖尿病は歯周病が合併症の1つとされている」
      歯周治療をするとインスリン治療がなくなり内服薬だけで良くなるかもしれない・・・。いかにお口をキレイにすることが大切なのかがわかりました。糖尿病の患者さんだけではなく、予防として沢山の方に事実を知ってほしいと感じました。
    5. 5)「妊娠後期の女性が上気道感染(かぜ症候群)で発熱。その後胎児死亡。女性は歯肉炎で出血。死亡解剖の結果、悪臭の羊水に包まれた胎児が。」
      恐ろしくて妊婦の患者さんにダイレクトには伝えにくいですが、上手く伝えて毎日口腔内をキレイにして元気は赤ちゃんを産んでほしいです。妊婦さんやお母さんたちが購入する雑誌などに記事として掲載されればいいのにな・・・と思います。
  5. 私たちの今後 これからの行動について

    インターネットや本、テレビなど沢山の情報がある毎日を過ごしていると思いますが「実際に知らなければいけない事、どれだけ知っているのでしょう?」と聞かれれば今回の研修でもわかるように何も知らないのだ。と感じました。
    例えば1つの事柄について、インターネットでワードとして検索すれば辞書のように調べることができますが、なかなか知っておくべきこと自体を調べることはできません。
    普段メディアも偏った同じ情報やニュースばかり流しているように感じますが、マニアックで受けなくても みんなのためになる情報を流してほしいなぁと切実に思います。
    実際、ここでの講演会の対象である糖尿病患者さんや妊婦さん、いま歯周炎で出血している人、歯周病だと認識している人。これだけでも結構な人数ですよね。それに東海地震が来る!と言われているので防災意識の高い東海地方の人など・・・
    口腔感染についての面白いTV番組ができるのでは?・・・なんて思うのは私だけでしょうか???

    日々、いろんな患者さんが来られていますが
    これからどのように伝えていけばいいのでしょうか。一人ひとりに口頭で伝えていくのが一番ですが時間などの制約上全てはとても難しいです。
    とりあえずはホームページに載せてみる。これは新規の患者さんって場合でしょうか。
    来院された患者さんが目にする場所にポスターほど大きくなくても少し読めるものを作成してみる・・・
    (例えば、ちょっと待っている間に見ることができるなど)
    そういうツールもあれば何か補えるのではと思いました。

  6. 感想
    専門的な知識がない私でもとても面白く聞くことができました。
    また、有意義な時間を過ごせました。
    口腔ケアが国民みんなにとって必要だという認識が早く持てれば、患者さんも自然に増えるのだろうなと思います。
    ですがまずは、自分の口腔管理。家族の口腔管理。
    スタートとして、今 そこからはじめたいと思います。

by川内

GC PTC セミナー


このセミナーに参加


頑張って勉強中


やったー! 修了証ゲット!!

2016/10/16 日曜日

《10月15日 土曜日》
前日からドキドキ!!
セミナーってどんな感じなのかなー。
私にもできるのかなー。
それよりもちゃんと東京に行けるのかなー(>_<)
なにを着て行こう??(女心)笑

《10月16日 日曜日》
無事に東京に到着!!
へぇー!お茶の水ってこんな感じなんだー!
あっ、うちの先生の出身大学発見!立派だなー

もうすぐセミナーが始まります! ドキドキ ドキドキ がんばれー私!!
いよいよ波多野先生のセミナーが始まりました! 実習も開始!!

手の角度を少し変えるだけで着色がこんなにスピードアップして除去できる!!
これはすごい
力の入れ方を微妙に優しくするだけで患者様の不安を軽くできる! これもすごーい
お口の中を磨くクリームの量をタップリと使用するだけで時間短縮! これもすごーい

全てが患者様の負担を楽にしてさしあげられるんだ〜!と驚きが盛りだくさん!!

あっという間に時間がたちました!
でもちょっと疲れたー

by衛生士せいこ

東京駅到着。広〜い。
とりあえず何でも聞くことに…

あれっ 駅員さんじゃない
警備の人だった・・・ごめんなさい(照)

御茶ノ水駅からスンナリ会場に到着。
コンビニで飲み物を買う ふふふ 余裕ある証拠♪

!!!実習開始!!!

テーブルの上に
器具やテキストが! 「あぁ実技するんだ」と実感 (笑)

講義の中で
「虫歯治療が終わると、それで終了」と思いがちだか
虫歯・歯周病は感染症なので、再発・進行がある慢性疾患と考えるべき
という話に 改めてつい頷いてしまった

大切なのは、お口の中の環境の安定を維持すること!!
それは病原性(細菌性)バイオフィルムを除去して、
お口の中の環境を整えること(細菌レベルを下げる)

実例として、歯槽硬線が出来てきたレントゲン画像をみた時は本当にビックリ!!
(絶対に有り得ないと思っていた)

ポイントとなるバイオフィルム除去のためには器具の使い方も重要
なるほど〜効果に違いが出ている 改めて実感

「プロだから 受け止めるアンテナと技量を持っていたい」
という講師の方の言葉に
少し感涙ヾ(´▽`;)ゝ  ホッとする〜

岐阜駅着いた〜 疲れたぁ〜
でも勉強になったなぁ 楽しいヽ(・∀・)ノ
明日からの私は
今までとは少し違うはず!?かな 自分で納得 えへ(´∀`*)

by衛生士草野

<< 東日本大震災により被災された皆さまに心よりお見舞い申し上げます。>>

第35回 顎咬合学会学術大会 出席

2013年10月27日 ダイレクトクラウン

   

先日の日曜日(10月27日)大変天気の良い大阪で大阪シテイマラソンが開催されました。その混雑を通り抜けて、大阪クリスタルホールにてダイレクトクラウンの実習研修会が有り、参加してきました。

ダイレクトクラウンは、6月の顎咬合学会での世界初の発表以来、ずっと講演会や研修会に参加しています。患者様にとって大変良いモノが出来たという思いから、当院でも取り入れようと、勉強を重ねています。

もう既に、多くの患者様から、問い合わせや、やってほしいから待っているとの嬉しいお声が集まってきています。しっかりと対応できるようにさらに勉強して行っていますので、ご期待下さいね(^^)

先日の(10月中旬)の日経新聞の記事にも掲載されていました。日経新聞をお読みの方は、ご存知かとは思いますが、低コストで早く、何よりメタルフリーのお口の環境(黒い銀歯の無い、本来お口の中には有るはずのない金属が無くなる、白い綺麗な歯並び)にできることが、健康のために一番と考えていますので、患者様の色々なご希望に沿っていけるものと考えています。

また今週も、名古屋での研修会に出席する予定です。研修会もなかなか満員で参加が困難と聞いてる中、早くからの応募で、2回も研修会に参加できるドクターはまれだと思いますが、この幸運をしっかりとふまえ、勉強してきま〜す!!(^^)(^^)

   

2013年9月23日 ダイレクトクラウン

 
<6月29日 ダイレクトクラウン世界初の発表時の写真 顎咬合学会にて>

9月23日に東京の秋葉原にて高橋英登先生の<<ダイレクトクラウン>>の
講演会が有りました。
これは6月29日に顎咬合学会にて世界初の講演を発表されてから初めての、
これまた世界初の本格的内容の講演でした。
私にとっては待ちに待ったもので、大変興味深く拝聴してきました。
今や主流はメタルフリーです!!

9月18日のNHKの<<ためしてガッテン>>という番組にも 金属アレルギーの問題が取り上げられていましたが、本当に体にとって良いことは何かを見極めなければなりません。
メタルフリー(お口の中から今ある金属を除去すること、金属の無い本来の自然なお口の状態に戻すこと)が良いことは分かっていてもそこにコストの壁が立ちはだかっていたのが現実です。
ダイレクトクラウンはその壁を乗り越えることができるかもしれません。

とても期待できる治療方法であると確信しているので、早く当院でも出来るようにしたいと思い、早速ハンズオン(実習)を申込みました。 
((実習を受けないとこの製品による治療が出来ない)) というやリ方は、大変良心的だと思います。

ダイレクトクラウンを当院の新しい治療方法に入れて、一人でも多くの患者様のお口のメタルフリーを実現して、健康な生活のお手伝いが出来たら、幸せです。

   

銀色バネの無い入れ歯―綺麗な白いバネの入れ歯

専門用語で言うところのクラスプが、普通の入れ歯は銀色なのですが、
誰も この銀色バネの好きな人はいません。
白い歯にかかる銀色バネ 私も 嫌です!!
けれども今までは他に変わるものも無かったのです。
今回、レジンクラスプで作る<<白いバネ>>!!があると聞き、
勉強会に出席してきました。

講師は日本大学歯学部歯科補綴学第2講座診療教授 豊間均教授です。
面白かったです。 写真にも撮ってきましたが、銀色バネが白色バネに
簡単に変えることができるのです!! 美しくなるのです!
これは画期的かな!と思いました。

口元に輝く銀色バネが無くなり、白いバネに変わることで、
患者様のお顔の印象ががらっと良くなり、
笑顔がこぼれるようになるのです!
まさしく笑顔外来そのものでした。

早速当院でも取り入れようと、検討し始めました。
多くの入れ歯を入れてらっしゃる患者様に、
思い切りの笑顔を作ってもらいたいです。
何も気にすることなく 嫌な銀色バネにさよならして
ニッコリと大きなお口で笑っていただきたいです。

今日の勉強が患者様の役に立つ事を信じて
また次の勉強会に出席します!

   

2013年3月24日 スーパーホワイトニング=プロ

3月24日に東京の未来歯科にて川邊研次先生の一番新しい、一番白くなる

そして一番安全で痛くないホワイトニング<スーパーホワイトニング=プロ>の

セミナーが有り 参加してきました。

川邊先生のセミナーは、その都度新しい驚きと発見が有るので、いつもワクワクです。

今回も、多くの仲間の先生達とワクワクを共有してきました!!

磨くたびに白くなっていく歯磨剤や、全く痛くなく、歯に乗せるたびに白く輝き

ツルツルの歯になっていくホワイトニング剤等 新しい材料と出会って、

感動してきました。

セミナーは、実習中心で、ドクター同士でお互いにホワイトニングを行いました。

私達のグループは、偶然にも東海3県のドクターが集まり、

お互いに冗談を言い合いながら和気あいあいとホワイトングをしていきました。

終わってから、自分達の歯を見て、皆びっくり (゚O゚)(゚O゚)(゚O゚)

あまりの白さに、鏡を覗き込んで、唖然\(◎o◎)/! 

どのドクターも、

「早くうちの患者さん達にやってあげたいね」

との感想を言い合っていました

私も、ホワイトニングを心待ちにしていらっしゃるうちの患者さん達

<<やってあげたい>>

との思いを、強くしました!!

皆さん 待ってて下さいね

歯のホワイトニングで白く輝く歯になって、笑顔になって、

思い切り笑いましょう!!ネ

   

2013年3月17日 東京医科歯科大学の谷田部優先生のセミナーに
              出席してきました。

テーマは<ノンメタルクラスプ デンチャー>です。

簡単に言えば、<金属の金具の見えない入れ歯>の講演です。

誰でも口元に金属の黒っぽい色があるのは嫌ですよね!!

審美歯科を求めるのであれば、
入れ歯が入っていないように見えるのが大切!!

そのやり方の一つが、金属色の金具の無い入れ歯です。
色々な材料 やり方があるようで、只今勉強中です。

5月に引き続き、同じテーマのセミナーがあるようなので、
また勉強してきます。

2013年3月15日 新しい診療室ができました!

2013年3月15日 新しい診療室ができました!
2013年3月15日 新しい診療室ができました!
   
2013年3月15日 新しい診療室ができました!
2013年3月15日 新しい診療室ができました!

とてもキレイです。制服も変わりました。

みんなルンルンです。

このうれしい気持ちを忘れずに、患者さんの為に、また新しい気持ちで、

日々精進していきたいと思っております。


宜しくお願い致します。

ご不便をおかけしますが・・・

ご不便をおかけしますが・・・

ご不便をおかけしますが、もう少しの間ご辛抱ください。

1階 ロビーの周りが工事中でビニールシートが貼ってあります。

安全には最大限注意していますがお気づきの事が有ればいつでもお知らせください。

2013年1月31日 神主さんをお願いして・・

   

岐阜市の中心部にある氏神様の金神社にお願いして神主さんに来ていただきました。

リニューアルのための地鎮祭を行う為です。

朝早くから、工事の方やスタッフとともに工事の安全を神様にお願いしました。 

地鎮祭の正式な内容は 

<建築工事を着工する際に土地の神様に許しを請う儀式>

<<「とこしずめのまつり」が正式な読み方>>

だそうです。

いろいろ、勉強になりますね。

顎咬合学会認定医研修会

  • 顎咬合学会認定医研修会
  • 顎咬合学会認定医研修会
  • 顎咬合学会認定医研修会

2012年10月7日日曜日に名古屋の国際会議場で研修会が有りました

この研修会をとても楽しみにしていたのには訳があります

まだ学校でたての新米歯科医師の私に、かみ合わせの大切さを教えてくださった
小林義典先生にお会いでき また講義を受けることが出来たからです

先生はいつもの様にエネルギッシュに
多くの実験から出た豊富なデータを元に 次々と講義を進行させていかれました

本当に ついて行くだけで大変ですが、面白かったです

さらに また改めてかみ合わせの大切さを 身にしみて再勉強させていただきました

100ミクロンのかみ合わせの違いで 人の体にダメージがおこる事を 再認識させられました

ちなみに100ミクロンとは
<<100ミクロン→絵の具、砂糖など、さわっても粒がわからなくなってくるちょい手前>>
の大きさです

いかに歯科医師としての仕事が 繊細さを必要とするかが分かり 日々の診療の中に取り入れていかなければならないと 新たに決心した次第です

小林義典先生 ありがとうございました

顎咬合学会のセミナー

顎咬合学会のセミナーが名古屋市熱田区熱田西町11号 の名古屋国際会議場の一室で有りました。

顎咬合学会の認定医ですのでしっかりと勉強してきました。

特にためになったのは、高齢者で義歯の無い方たちに義歯をお入れすると、見事にお顔が明るくなり、

認知症の方たちも改善し、体感不安定で歩きにくかった方達や杖がないと歩けなかった方達が、

しっかりと自分で歩き始められた症例で、これには驚きの声が会場からあがっていました。

義歯を入れてから、カラオケ大会に息子さんと出られた91才の

やや認知症のおばあちゃんのビデオも有りました。 

勿論良く噛めるようになって、お顔もふっくらと若返られていました。

いかにきちんと噛む事が大切かという事を再認識し、歯科治療の重要性を再勉強してきました。

また歯周病の再生治療についても、最先端の技術の勉強をしてきました。  

これは、今多い歯周病の患者さん達のお役に立てると思いました。

糖尿病の研修会

糖尿病の研修会が岐阜市湊町10番地の十八楼で有りました。

医科の突っ込んだ話し合いも有り、有意義なセミナーでした。

明日からの患者さんへの情報提供にお役立ちだと思い、一生懸命に聞いてきました。

安全セミナー

11月16日に安全セミナーを当院で開きました。

フクダ電子の方に来ていただいて、AEDの取り扱い方を学習しました。

みんな真剣そのもの!!  

今度当院に学習実習に来る岐阜県大垣市西之川町1丁目109番地の

大垣女子短期大学の衛生士さんのたまごさんも一緒に参加。

和気あいあいの学習となりました。

 

  

糖尿病に関するセミナー

11月10日木曜日に岐阜市長良648番地の岐阜グランドホテルで

糖尿病に関するセミナーが開催されました

19時からのセミナーでしたが頑張って出席してきました

医科の内容も多かったのですが 食事療法等わかるところも有り これからの診療の中に生かして

患者様のために少しでも正しい情報をお知らせできたら良いなぁと思いました

歯科医療安全研修会

11月6日 岐阜市城南通りにある岐阜県歯科医師会館で開催されました

しっかり学んで ヤナガセ歯科に生かしたいと思います

受付担当だった渡辺が歯科助手の免許に合格しました

渡辺です

このたび ヤナガセ歯科の スタッフサポートシステムのおかげで 

歯科助手の講習を何日もを受けさせてもらい 試験も受け 合格しました 

いろいろ事が 少しづつですがわかってきて 私自身も大変勉強になりました

まだまだ未熟者ですが これからも研鑽をつんで 少しでも患者様のお役に立ちたいと思っています

第29回日本顎咬合学会学術大会 に参加してきました

東京 有楽町の 国際フォーラムで 毎年この時期に 開かれています
いつものように 多くの先生方で賑わっています 

いくつかのシンポジウムに参加して 新しい知識や より患者さんに優しい治療等々
学んできました

明日からの診療に 役立てていきたい と思っています

また 合間をぬって ちょっと一休み・・・・ パウル クレー展に行ってきました

クレーは大好きな画家の一人で 小学5年生の時に 近くの美術館で展覧会を見てから
ず〜っと 追っかけをしています (^^)(^^)     今回の素描が また 良かったです

スーパーホワイトニング

GWに 東京で ホワイトニングの上級コースのセミナーに参加しました
オドロキ!!
ダントツの白さと速さに オドロキ! でした
このコースのホワイトニング剤は 全くしみなく 痛くなく  しかも早く
それどころか 白さは勿論 つるつる感も増して とても 気持ち良かったです

ドクター同志で お互いホワイトニングし合うのですが 思わず ウトウト・・・するくらいゆったりして
気持ち良かったです(^^)(^^)

是非 多くの患者さんに 味わっていただきたいですね。
この白さと つるつる感の気持ちよさ!! 

スーパーホワイトニング として 実施中です 。


4月11日 1月たって

震災から1月たったので、患者様のお気持ちとヤナガセ歯科の1%の寄付を
岐阜新聞にお持ちしました。
翌4月12日の岐阜新聞に載りました。貧者の一灯ですが続けることが大切と思っています。
これからもご協力をお願いします。

嬉しいことに・・・

嬉しいことに多くの患者様達のご賛同を得て、
当院の義援金募金箱の中味も大きくなってきています。
まとまったら、当院の1%寄付と患者様達のご賛同を
一緒にして 新聞社や日赤等に託していきたいと思っています。
募金してくださる患者様達に「有難う御座います!」とお礼を言える心温まる日々が続いています。

ヤナガセ歯科院長よりお知らせとお願い

この度の東日本大震災においては大変なお困りを受けられた方が大勢いらっしゃいます。
TV等の報道を見ていても心が痛むばかりです。
何も出来なくて悶々としていらっしゃる方もおいでではないでしょうか。
ヤナガセ歯科の院長も同じ思いを持ち、
今回、欧米の一流企業で実施されている < 1%寄付 >を行うこととしました。
患者様の窓口でのお支払いの 1%程度をヤナガセ歯科として寄付することと決めました。
(院長の所属する岐阜南ライオンズクラブや日赤を通して)

また、皆様のお気持ちを入れて頂けるようであれば、一緒に寄付をさせて頂きます。
よろしくお願いします。

平凡な日常に感謝です!!

↑医院の待合室に義援金箱の設置と患者様へのお知らせを掲載しています。

ペリオバスタースプレー(お口の除菌スプレー)を無料配布中>>

数に限りがありますのでお早めに!詳しくはこちら


こんな運動をやっています。 「地球に愛を子どもに愛を

ペットボトルのキャップを集めて世界の子どもたちにワクチンを届けよう!

ペットボトルのキャップをヤナガセ歯科までお持ちください。 詳しくはこちら>>

地球に愛を子どもに愛を


コーヒーブレイク

<< 式年遷宮 >>  


機会を得て神宮に参拝した。知己を得て神社勤務の人に同行した。
受け売りの知識を少々お話しようと思う。

私達は普通に伊勢神宮と言うけれどこれはマチガイ。
神宮(じんぐう)と呼ぶのが正式で、本来神宮の名称は伊勢だけのもの。
他の神宮(例えば明治神宮でも)は固有名詞を付けて呼び、あくまで後付のものだそう。
因みに内宮、外宮は(ないくう、げくう)と呼び、(ないぐう、げぐう)とは呼ばないそうで、
道路標識の英語表記でも、(kuu)となっていた。

鳥居をまたぐのにも決められた足があるというのには驚いた。自分の浅学を思い知る。
正中を重んじるという思考法で、真ん中を神の通る道と考えると、
その外側の足から鳥居に踏み込むのが正式。

鳥居前で一礼をし、左側通行の外宮なら左足、右側通行の内宮なら右足から踏み込んで入る。
多くの参拝者で賑わっていたが、鳥居前の一礼をしていたのは数%程度の人だったように思う。
皆んな知らないんだろうなあ。
一礼をした自分が少しだけ誇らしい。単純!。

鳥居を通り歩きながら教えてもらったのが、参拝の仕方とその心得。

個人の願いをお願いするのは、あくまで神楽殿までであって、
外宮内宮でお祈りするのは、皇室の弥栄と国の繁榮のみ。
えっ!! 山程の凡人のお願い事を抱えた私は思わず立ち止まってしまった。

国の繁榮か・・・
PM2,5を輸出する国からの防御もあったしなあ・・・
考え方が段々右に寄っていく。アブナイかも・・・

まあとにかく形から入ろうか。
参拝の仕方を教えて頂く。

よく知られているように2礼2拍手1礼は変わらず。
但し礼の時は膝に手がつくくらいの深い礼が必要。
拍手の時は右手を左手より少し引いて手を打つ。
これは良い音を出すためではなく、左が上位で神様のため下位の右を引いて、
謙虚にするということだとか・・いろいろあるんだね。

でも祈願の時は両手をすっと揃えて願う?とか。
隣で参拝する知人の所作を見入る。確かに美しい。
形から入るのもいいかも・・と考えつつ時分の番。
形を追うのに懸命で、山程の凡人のお願い事はすっかり忘れてしまった。
結果オーライかも(笑)。

参拝を済ませ石段を降りるときには、踏んではいけない石というのを教えてもらう。
石段のど真ん中に存在し、何故か歩きやすい所にある。
踏んでいく人多数。・・・どうなるんだろうかね? 

帰りの鳥居をくぐる時も足の順序は守り、
尚且つ正中の神様方向のお尻を向けないようにして、
体を回転させもう一度一礼して帰る。

う〜ん貴重な体験! 
20年毎の式年遷宮は確かに文化の継承としての知恵が有り、
守るべきもの、守られてきたものの重さを感じる、と同時に、
新しい神宮の横に存在する20年の時を経た古い神宮の姿に、
帰らぬ(時)というものの非情さを思い知らされる。

神宮の方に聞くと、今回の遷宮では前回(20年前)よりも参拝者が多く、
しかも若い人々が多いそう。
不景気だからという意見もあるが、最近のPM2,5輸出国からの、
否応なしに愛国心を鼓舞される出来事があるせいかも・・という意見もあって、
論議に花が咲いたひと時だった。

まあとにかく、車の混み様は大変で、お疲れ様のひと時でした。


 
** 岐阜ヤナガセ歯科クリニック ** 
〒500-8842 岐阜県岐阜市金町3丁目3 (岐阜高島屋北隣) TEL058-262-8511